籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> 不動産ガイド >> 賃貸の不動産業者がおすすめの物件とは?

あなたが賃貸物件を探しに不動産業者のお店に行きます。
現在はネットや雑誌などで希望の物件の目星をつけていく人が多くなりました。
しかし、実際に物件を見てみると「イメージと違う」「他のも見たくなった」となることもしばしば。
その場合、自分の希望を担当者に伝えて適切な物件を紹介してもらうことになります。
このとき、紹介される物件は本当にあなたにとってピッタリの物件なのでしょうか?
こういう場合の不動産業者の考え方を知っていると、そのヒントになります。



不動産業者にとって、賃貸のお客さんに紹介する物件を選ぶのは重要なことです。
そのお客さんはどこかで必ず部屋を借りるわけですから、できればその業者にとって一番儲かるようにしたい訳です。

一番儲かるのは「自社物件」を借りてもらうことです。
自社物件とは文字通り、その不動産会社が所有している賃貸物件です。
賃貸物件は空けば空くほど損をしますので、空き部屋対策が非常に重要です。
ですから空いた自社の物件にお客さんを入れるのは最重要課題なのです。
この際、多少のお客さんの希望は目をつぶり、なんとか自社物件に入れたいと考えます。

次に儲かるのは「管理物件」を借りてもらうことです。
管理物件とは、所有者は別人ですが、その物件の管理をして管理費を受け取るものです。
これは部屋が埋まれば埋まるほど管理費は増え、大切な固定収入となります。
また、管理物件で空き部屋が増えると所有者に怒られます。
その結果、管理から外されてしまうと貴重な固定収入がなくなってしまいます。
ですからなんとかしてお客さんを入れたいと考えます。

その次に儲かるのが「手数料をもらえる物件」を借りてもらうことです。
通常、業者が受け取る仲介手数料は、元付け業者(管理している業者)と客付け業者(お客さんを紹介する業者)で半分ずつとなります。
しかし賃貸物件では立地条件や建物の古さ、設備などで人気不人気があります。
当然不人気物件にはなかなか借り手がいないので、元付け業者が「仲介手数料は全額客付け業者にあげるよ」といって優先的にお客さんを紹介してもらいます。
客付け業者はこのような物件をお客さんに紹介して成約となれば、通常なら半分の手数料が全額もらえます。
となると、優先的に紹介することになります。



これが業者側から見た物件を紹介する基準です。
ただし、このような業者が悪いといっているわけではありません。
結果的にあなたの希望の条件の部屋が見つかれば、これでも問題ないわけです。
しかし、これに乗せられて、希望と違う物件しか紹介されないお客さんはたまったものではありませんね。
そのような賃貸業者にはさっさと見切りをつけるべきです。


それでは賃貸業者を見分けるポイントを少し。
・あなたの希望をよく聞いてくれたか?
・その希望に沿う物件を紹介してくれたか?
・希望に沿う物件が無かった場合、客観的に見て納得できる理由を教えてくれたか?
・条件に合わない物件をしつこく勧められていないか?
などです。
これから時期は賃貸のシーズンです。
頑張って希望の物件を見つけてください。





籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム