籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> 不動産ガイド >> 仲介手数料 払う場合払わない場合

仲介手数料 払う場合払わない場合


仲介手数料とは、宅建業者の仲介により不動産の取引をした場合に支払う報酬のことです。媒介報酬とも言います。多くの売買貸借は仲介によって成り立つので、不動産取引をする場合は仲介手数料を支払うケースが多いでしょう。手数料の上限は宅建業法によって定められています。宅建業は成功報酬主義が取られています。売却や物件探しの依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。 なお、「仲介」は専門用語では「媒介」といいますが、ここでは一般的な「仲介」を使います。

ここでは売買において仲介手数料は発生しないケースと発生するケースを説明します。

不動産業者が取引する場合、その取引形態は「売主」「仲介」「代理」があります。

「売主」
不動産業者が売主の場合は仲介手数料は発生しません。

売主(不動産業者) <-契約-> 買主

売主と買主の間に仲介する人がいませんので、当然、仲介手数料は発生しません。


「代理」
次に代理の場合は仲介手数料は発生します。普通は売主だけが手数料を支払います。

売主 <-代理-> 不動産業者 <-仲介-> 買主

この場合、売主と買主の間に不動産会社が入っていますので、一見仲介手数料が発生しそうです。しかし、「代理」とは不動産業者が売主の代わりになるということです。よって、買主からは不動産会社自体が売主と見えます。買主は売主との間に仲介する人はいない(ように見える)ので、買主側は手数料が発生しないこととなります。しかしこれでは不動産業者は報酬がなくなってしまいます。ですから売主が通常は売主と買主、両方の分の手数料を支払います。
ただし、これはあくまで原則です。取引形態が代理の場合は必ず手数料の有無を確認しましょう。


「仲介」
仲介の場合は仲介手数料は発生します。もっとも多いケースでしょう。

売主 <-仲介-> 不動産業者 <-仲介-> 買主

この場合、売主と買主の間に不動産会社が入っています。よって仲介手数料は発生します。売主も買主も不動産業者に仲介手数料を支払います。


またこういうケースも多くあります。

売主 <-仲介-> 不動産業者 <-仲介-> 不動産業者 <-仲介-> 買主

この場合では間に入ってる不動産業者が2つだけですが、これが3つも4つもある場合もあります。そうなると仲介手数料も2倍3倍4倍か!?と思う方もいます。
でも安心してください。間にいくつ不動産業者が入ろうとも、支払う手数料の額は変わりません。不動産業者は売主と買主から受け取った手数料を分けることになります。ですから、間に入る不動産業者が多ければ多いほど1業者あたりの分け前は少なくなるということです。





籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム