籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> コラム >> 不動産業者がみんな水曜日に休みの理由


皆さん、休みの日は何曜日ですか?
土日休みの人が大多数でしょう。
客商売は逆に土日が忙しくて、平日休みが当たり前です。
昔、私の地元の商店街は月曜日に一斉に休みを取ってました。
不動産業界では水曜日に休みの業者が大多数です。
私は木曜日が休みなのですが、よく「水曜休みですか?」と聞かれます。


客商売の一面として「お客の取り合い」というものがあります。
サービス内容をはじめ、宣伝や立地条件などで他店と差をつけようとしのぎを削ります。
そのなかで、手っ取り早くお客さんを確保する方法として「同業者が休んでいる時に店を開ける」があります。
例えば近所の食堂が全部休んでいて一軒だけ営業していたとしたら、食事に行くとすればそこしかありません。
となれば不動産業界でも同業者が休んでいる時に店を開ければ、お客さんを独り占めでウハウハじゃないか?と考えられます。
しかし「同業者が休んでいる時は自分も休み」という不動産業者がほとんどです。
なぜでしょう?


それは不動産業者は横のつながりが無いとやっていけない業種だからです。
不動産業者の扱う物件のほとんどは他業者からの紹介物件です。
たとえば他業者から紹介されたアパートのリアルタイムの空き情報は、その業者に問い合わせます。
その業者が休みだった場合、たとえお客さんが来ても案内することができません。
ですから不動産業者はみんな一斉に休みを取るのが一番効率的なのです。


仕事ではこれでいいのですが、プライベートではちょっと困ります。
知り合いはみんな土日休み。
土日は不動産業者とっては一番忙しい曜日です。
遊びに行くのに誘われても、行けないことがほとんど。
休日が合わないのは寂しいものです・・・





籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム