籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> コラム >> 築30年以上の実家のこと

久しぶりに実家に帰りました。
実家は築30年以上の木造2階建てです。
築30年といえば客観的に見たら資産価値はゼロ。
それどころか取壊し費用を考えればマイナスです。


でも、小さいころから住んでいたので、主観的に見るといまだに新築のままなのです。
実際、特に立て付けの悪い所もないし、内装は若干リフォームしてあるので問題なし。
風呂などはリフォームの際、足を伸ばして入れるほどのバスタブを入れたので、普通の住宅なんかよりもずっと快適です。
間取りは目をつぶっても歩けるほど熟知しているし、自分にとってはとても住み心地が良いです。
まあ、実家とはそういうものなのでしょう


しかし、さすがに古い部分は古いです。
特に気密性の部分はどうにもなりません。
冬なんかはもう、どこからか隙間風でも入るのでしょうか?
現代の住宅やマンションの気密性には遠く及ばず、冬には実家への足が遠くなる原因となります。

隙間と言えば、問題がもうひとつ。
黒光りするアイツ、ゴキブリです。
母によると、以前は滅多に見ることがなかったゴキブリが、最近やたら増えているとのことです。
特に生活パターンを変えたわけでもないし、母はきれい好きのため、いまさらゴキブリが繁殖するはずもなし。
心当たりが無いようで、不思議がっていました。


そんな話を聞いて思い出したことがあります。
以前、新築アパートにアリが大量に出たと報告を受けたことがあります。
新築ですから、アリが部屋の中にコロニーを作ることはありえません。
それならどこから来たのか?

アパートは駐車場も敷地内に作るため、地面をすべてコンクリートで固める事が良くあります。
そうなると土の中に住んでいた生き物は逃げなければなりません。
この場合、アリの逃げる先は新築の建物になったわけです。


以前、実家の周りは全部畑でした。
しかし、最近では徐々に畑をつぶしてアパートを建てています。
今年も1軒立てている最中です。
すべてコンクリで固めてあり、土が露出している部分はありません。
ということは、その畑に住んでいたゴキブリが引っ越してきたのでしょう。
出てくるゴキブリの大きさを聞いて見ると、小さくは無いとのこと。
ということはチャバネゴキブリではなく、クロゴキブリかヤマトゴキブリ。
これらは野外にも住んでいる種類です。


まあ、原因がわかっても、これといった対策が無いのが現状です。
しばらくは実家に母の悲鳴が響くことでしょう。

ですから、近くで新しい建築が始まったら覚悟してください。
虫たちの引越し先はあなたの家かもしれませんよ。




籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム