籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> コラム >> 道路付け

ケン:今回は「道路付け」の話です。教授、お願いしますね。

教授:ふむふむ。ケンちゃんは道路付けの方向の希望は?

ケン:とりあえず南道路にしといたほうがいいって言われましたので、南道路がいいかな〜って思ってますよ。

教授:まあ、普通はそうだよね。ところでどうして南道路がいいのよ?

ケン:だってみんなが言うから・・・ってのはウソで、日当りがいいからですね。ボクの実家は日当りがいいんですよ。だから日当りがいい土地が欲しいので、そうなると南道路しかないですよね。

教授:日当り重視ね。それじゃ土地を見比べてみようか。次のAとBではどっちがいい?


土地A 1452万円

土地B 1452万円

ケン:むむむ・・・総額は同じでも面積が・・・北道路と南道路ではずいぶん坪単価が違いますね。

教授:当然、南道路は人気があるからね。これくらいの差はつくよ。

ケン:多少狭くなるとはいえ、やっぱり南道路のBかなぁ〜。日当り重視だもんね。

教授:Bの方は道路部分の4mを足して、実質奥行きは16mあると考えられるね。じゃあAの方は?

ケン:え〜っと・・・あれ?最初から16mありますね・・・

教授:それぞれの土地に建物を建てて見ると良くわかるよ。


土地A

土地B

教授:オレンジの長方形が家だよ日当りを確保するために、普通は北西に寄せて家を建てるんだ。図を見てもらえればわかるけど、赤い矢印がゆとりの部分ね。この場合、AもBも変わらないだろ。ということは日当りは変わらないってことさ。

ケン:そうなると土地が広い分、Aの方がお得ってこと?

教授:まだあるよ。通常、リビングは南に向けるだろ?

ケン:そうですね。日が当たらないリビングっていうのはイヤですからね。

教授:道路は人や車が通るよね。通行人は、別に覗くつもりじゃないんだけどさ、ついつい家の中に目が行っちゃうんだよね。となると、南道路の場合、リビングは道路から丸見えになっちゃう。日曜の昼間に寝巻きでフラフラできないってことよ。

ケン:げげっ、それは由々しき問題ですねっ!

教授:だから、今度注意して見てごらん。南道路付けの家のリビングはたいていカーテンがかかってるから。せっかく南道路を買ったのに、カーテン閉めっぱなしじゃ本末転倒だよね。

ケン:その点、北道路はリビングでフラフラできますね。

教授:そうだね。さらに、その南側に建ってる隣の家の北側は台所や洗面所、風呂などだから、覗かれる心配も少ない。カーテン開けっ放しでも問題ないよ。

ケン:ということは、買うなら北道路付けの方がいいってことですか?

教授:そうは言ってないよ。大切なのは日当りなんだよ。日光を生かせる土地なら北でも南でもいいってことさ。今回の例はかなり極端だけど、AとBだったら僕はAを選ぶよ。でもそれは道路付けで選んだんじゃなく、日当りが同じなら、土地が広い方がいいと思うからさ。

ケン:そういえばボクの実家は北道路だけど、南北に長いから日当りがよかったのかぁ。

教授:よくわかったかな?それじゃ今回はこれくらいで終わりね。

ケン:ありがとうございました。次もお願いしますね。

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム