籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社 籠原・熊谷・深谷の不動産の売買 土地・建物の仲介・賃貸・管理・コンサルティングなど

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム

籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

トップページ >> コラム >> 土地選び総論

ケン:さて始まりました、教授の講義コーナー土地選び編、最初の講義は土地選び総論です。

教授:まー、どーもよろしくー

ケン:まずは総論ですね・・・総論ってなに?

教授:・・・最初から頭が痛くなること言いやがって・・・まあ、土地探しの心構えってところだね。

ケン:あ〜、心構えね!それならそうと言って下さいよ〜

教授:まずは「購入すると言う明確な意思」だね。これが無いと、どんないい土地を紹介されても決まらないよ。だから営業マンも本気で面倒見ないしね。

ケン:そりゃそうですね。

教授:「特別今は欲しくないけど、いい土地があったら買って家建てたい」なんてお客さんで契約までいったことないよ。どんな土地見せてもダメ。そういう人って下手にたくさん見ちゃう分、結局欲しくなったときに決断できなくて買えなくなっちゃうんだよね。で、探し疲れてしょうもない土地を買うことに・・・
 逆に明確な意思があれば営業マンも本気になるよ。だっていい土地見せれば決まるかもしれないからね。他のお客さんより優先して面倒見ちゃう。

ケン:なるほどね〜

教授:さて次だけど、ケンちゃんは土地を探すならどんな土地がいい?

ケン:あんまり贅沢は言わないですけど・・・・安くて、広くて、日当りが良くて、治安が良くて、駅まで近くて、交通が便利で、買い物も便利で、学校は近くて、病院も近くて、公的機関も近くて、閑静で、街並みがきれいで、自然もあって、実家が近くて、仕事場も近くて、近くに高い建物が無くて、地形が良くて、交通量が少なくて・・・・

教授:あ〜、もういいよ・・・そんな土地、見つかるわけないだろ?皇居にでも住まない限り無理無理!実現できない夢は妄想って言うんだよ。

ケン:い、いきなり希望を無くすような言葉・・・

教授:土地って言うのはね、普通の商品のように「造る」わけにはいかないんだ。となると、いまある土地の中から選ぶしかない。そうなると、条件が多ければ多いほど見つかる可能性は低くなる訳だよ。

ケン:そんなこと言ったって、ボクにも希望がありますよ・・・

教授:別に希望を出すなって言ってる訳じゃないよ。「優先順位」をつけろってことね。「妥協できる点」「妥協できない点」を明確に認識することだよ。

ケン:優先順位ですか〜

教授:土地選びは、イコール住む場所選びだ。人それぞれ家族構成や仕事が違うから、誰にとっても良い土地なんてありえない。だから自分で慎重に選ばなくちゃいけないよね。となるとまずは、何が自分にとって最優先なのかを確認することだよ。

ケン:食べ物を選ぶときも、「安くて、多くて、美味しくて、見た目が良くて、早く出来るもの」なんて無いですからね。状況によって選びますね。

教授:そうそう。おなかすいてるなら量、デートなら味と見た目、急ぎなら早さ、お金が無いときは値段って感じでね。土地だって同じさ。「駅近く」が妥協できないなら、「閑静」や「自然」、「交通量」なんかはある程度妥協しないとね。

ケン:なるほど。

教授:最後は「決断はすばやく」だね。だいたい希望の条件が合っているにもかかわらず、「もっといい土地があるんじゃないか?」とか言って決断しない人っているのよ。でもさ、自分が気に入る土地っていうのは、他人も気に入る可能性が高いんだよ。そういう土地ってすぐに売れちゃうからさ、さんざん迷って決断したときにはもう手遅れ。けっこういるんだよ、こういう人。

ケン:そういえば、みんなでケーキを選ぶとき、ボクはいつも迷うから最後の残り物になっちゃう・・・

教授:最初に選んだ人が一番おいしいね。でも、あせって選べって言ってるんじゃないよ。勘違いしないでね。

ケン:よくわかりました。まとめると「買う意思」をもって「優先順位」に合うのが見つかったら「すばやく決断」をしろってことですね。

教授:Get your dream!光る夢をつかめ!具体的なチェックポイントは今後の講義で説明するよ。

籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ページトップへ籠原の不動産屋さん キノクニドットコム 戻る籠原の不動産屋さん キノクニドットコム ホームへ
籠原の不動産屋さん キノクニドットコム